なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ニゴイ祭  

久々に北上。嫁を送り出したからの出発だったので、昼前からの釣行。
まぁどこのポイントも車あり。あちウロウロこっちウロウロで運転してる時間の方が多かったですね。

時期は違いますが昨年来た時と違って激戦区。

やっと入ったポイントではニゴイ。


IMG_0162.jpg

ニゴイ。

IMG_0160.jpg

ニゴイ

IMG_0161.jpg

そしてまたニゴイ。ほとんどが50upですが、やりきれん。

IMG_0163.jpg

鱒族どこいった~?っていうかポイント選択まちがってるってことかな。

シーズン残り少ないのにやる気無くなってきた…
スポンサーサイト

category: 江合川・鳴瀬川水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

江合で…  

結果的にボウズでした。この程度の濁りはどうなのかわかりませんが、予想以上に水量も多く流れも速かったです。
2週間ほど前もumeさんが訪れてやはり同じような事を言ってたのですが、南の河川は渇水気味。時間も経ってるしそんなにひどくはないだろうとと思っていましたが、結果は同じでしたね。

IMG_9551.jpg

しかもロストはミノー6個。自作5のインジェクション1。自作のミノーは大場所様でこしらえた8cm前後のタイプが中心で、結果を出さずにロストという結果になってしまいました。

IMG_9553.jpg

どのミノーも何かしら結果を残していたので一気に結果の出ていないミノーのロストは悔やまれます。

バイブレーションを作製してそこそこ動いてくれたことでしょうか。他の釣りをやったことのない自分は当然バイブレーションなんて使った事もないですが、ミノーとスプーンの中間的なルアーって事を小耳にはさんだので試作してみました。

バルサにコーティングしただけのモノにフックを付けてのテストでしが、なんとなくフルフルしてたので今後に期待が持てそうな結果で良かったです。

釣果もないですから何かしら持って帰らないとね。

category: 江合川・鳴瀬川水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

調査のため北上  

山の中でコツコツと釣行。これが一番の楽しみではあったのですが、雑誌なので見る尺上ヤマメの流線型ボディに魅せられてしまってます。

仙台周辺でもいいのですが、気分転換も含めとりあえず去年も3回程度しかしなかった北へ車を向かわせてみました。

情報ではちょっと早そうなんですが、調査目的ということで小さいのがチラホラ釣れればいいかなって。というワケで目指すは本流っぽいとこや里川っぽいところで。

はじめにあとがき的な事をかくのどうかと思いますが、上流域での釣行に慣れた自分としては、ほとんどの場所で臭いと感じました。これって本流域では当たり前?それにコケで滑る滑る。転倒はありませんでしたけど、今までで一番滑りやすい河川でした。水量は多めだと感じましたが、これに関しては通ってないので分かりません。

で、最初のポイント。やはり水量があり、流心あたりをダウンで攻めてみたら引き重りが凄い。


130522_06.jpg

なので流心からは外して巻いてくると小さいヤマメがヒット。

130522_08.jpg



130522_09.jpg


自作のヒットルアーは4g少々で、表層より若干潜るので流心付近ではかなり重く感じた。既にフックの根元に藻が絡んでますね。

130522_07.jpg


次のポイントはさらに上流ですが、やはり臭いのが第一印象。


130522_010.jpg

アイフィッシュ7cmシンキングのオレンジを投げてましたが、先日修復した軽量でシンクレートのタイプに変えたとたんヒットです。

130522_013.jpg

手前の小堰堤ではルアーを追いかけて魚が浮いてくるのが見えたんですが、掛けられませんでした。


130522_011.jpg


そしてさらにさらに上流の大堰堤の下です。でか過ぎて圧倒されてチビっちゃいましたが、踏み跡をなんとか探し下りることに。ここまで来るとまだ雪代の影響なのか濁りがあります。しかも水量もあるので移動が出来ないし、生い茂った木葉の影響もありチャンスは少ないハズ。

何気に大岩の上にキャスト。自分の場合、ルアーを沈めたい場合なら尚更ですが大抵の場合は着水したと同時に軽くジャークする感じでロッド煽ります。ラインスラッグをとるのが目的で、ありがちなベリーフックにラインが絡まってしまうのを避けるためです。
ちゃんとキャストできればこんな事しなくてもいいのかも。だけど、そんな軽いジャークを入れた瞬間にヒットです。

130522_021.jpg


美しいイワナでした。およそ9寸程度だったでしょうが、念のため計測しようと思った矢先に脱走。

130522_017.jpg


ヒットルアーは見てくれも最低な自作シンキングミノー。リップの位置も付け換えてあるんですが、投げやすかったりする。だけど直後のキャストで沈み根にかかりあえなくロスト。

130522_020.jpg

最後は里川に戻りロッドを振ってみる。

130522_024.jpg

ここも相変わらず臭いが、流れのたるんだ場所で普通サイズのヤマメ。

130522_023.jpg


ヤマメは本流だからなのか、いつもの場所のものよりパワーがあったように感じました。

category: 江合川・鳴瀬川水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

江合川と荒雄川へ  

今週は知人に江合、荒雄川を案内してもらいました。

現在の状況は良いとは言えない状態だが、有名河川なだけに知っておいて損はないはずだ。

渇水もひどいらしく、藻が非常に多く釣りずらいポイントも多々あるとはいえ、水量があればかなり魅力のある河川なのは間違いなく予想できる渓相である。

まずは江合川。去年自分が初めて連れてきてもらった場所。そう、釣りで初めて川に入った場所だ。

IMG_7829.jpg

ここでは早速ヤマメが迎えてくれた。チビではあるが、色濃くキレイな魚体でボウズは免れたので一安心。

IMG_7833.jpg

その後はあちらこちらを繰る打連れていってもらい、入渓はしなかったが良さそうなポイントも数多く教えてもらった。ほんと感謝です。

そしてとある渓。川幅も小さくところどころに淵があるような渓相で、その途中はかなりの浅瀬でつながっている。そこでその日一番のヤマメがお出迎えしてくれた。

IMG_7849.jpg

IMG_7847.jpg

IMG_7845.jpg


その後の釣果はウグイとチビヤマメがヒットしたのみ。

荒雄のC&R区間も何か所か入渓したが、反応は宜しくない。ポイントによってはヒドイ藻も群生が。
ルアーを流す度に藻がかかりストレスあるリーリングとなる。

荒雄に関しては釣るのも目的ではあったが、自分にポイントを教えてくれた知人に感謝したい。どっちみち状況は厳しく、それほどの釣果を望んだ釣行ではなかったのだから。

IMG_7857.jpg

IMG_7854.jpg


今年は尺と出会えるかな。

にほんブログ村 釣りブログ トラウト</div>
<div class=

category: 江合川・鳴瀬川水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

江合川  

いつも行く上流部は渇水がひどいですよね。なのでドライブがてら江合川でも行ってみようと思い車を走らせる。

とりあえずの目標は岩出山の道の駅。去年初めて川へ連れてきてもらったのがこの川だ。

その時は運転もせずに来たのでどこから入ったのかも分からず。大き目の橋の下に駐車したのは覚えているが、やはり思いだせない。

なので道の駅から鳴子方面へ走ってみる。あっという間に鳴子についてしまったが、やはりそれらしきポイントが見つからず、引き返し下流へ行ってみる。



-- 続きを読む --

category: 江合川・鳴瀬川水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。