なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

シーズン初ヤマメ  

先週の1匹で気を良くし、お気に入りの渓へ。

だいぶ雪も溶けて入渓しやすいので、先日定食屋のご主人が入っていた沢へ降りてみる。

実は以前も1度入ったのだが、水量が多く早々に打ち止めとなった。

その時と比べたら水量も落ち着き、移動も容易。最初のまとまった流れのある流心の奥にルアーを投げ込む。

ルアーは先週と同じくスピナーをチョイス。沈めるようにタイミングを見計らってからリールを巻き始める。

大きくないので感触はイマイチだったが、ヤマメがヒットしました!

画像は無しです。ネットに入れたつもりがオートリリースとなってしまいました。残念。

その後は林道を進み、一つ目の橋のたもとで入渓。

こちらでも小さいながらヤマメがヒットです。同じく調子のいいスピナーです。

そろそろ気温も上がり魚の活性も上がってきたということでしょうか。

今後の釣行がとても楽しみになってきました。
関連記事
スポンサーサイト

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

シーズン初イワナ  

リベンジとまでは考えてないが、なんとなく気にった場所なので行ってみることに。

入渓ポイントまでくると四駆が1台停まってる。目的地が被るとまずいので話しかけてみることに。

その方はフライマンで、自分のよくいく定食屋のご主人でした。なにかのブログでこちらのご主人がフライマンだってことは知ってましたが、こんな場所で会うとは思いもよりませんでした。

チラッと下見をしたらしく、ちょっと水量多めだけどせっかく来たので周辺をちょっとやって早々に退散する予定とのこと。

なので自分はそこから枝分かれしてりる別の沢へ行く事に。もともとはこちらの沢が目的だったので良かったのですが。

IMG_6532.jpg


先ほどのご主人にお会いしたのでこころなし不安が解消されたので進んではみるが、やはり水量が多くヤバい場所もある。


IMG_6532.jpg


所々に咲く花に癒されながらドンドン進んではみるが、生命反応は確認できない。

なにぶん初めてのシーズン、初めての釣りなので引き出しは限りなく少ない。

というよりはただルアーを投げてリールを巻くだけの作業。ルアーフィッシングの基本ではあるけど、その中にもいろいろと技術があるハズ。

ただ自分はそれを知らないし、経験もない。なので、とにかく投げて投げて投げまくるしかない。

雑かもしれないが、投げない事には経験の積み上げもできないのだから。

越えるのが面倒な淵で引き返すが、なにか消化不良だ。4月にもはいり1匹も釣ってない。

これでは釣りをやってるともおおっぴらに言えたもんでもない。

そんな気持ちもあり、以前行った川崎町のポイントへ行ってみることに。

行ってみると雪が溶けて林道もかなり進入できるようになっていて、奥まで行けそうだ。

ところどころに先行者と思える原チャや車が3台くらい。もう時間も時間(午後3くらい)なので気にせず上がってみる。

ナメのような川床が続き、なんとも難しく感じる。ポイントが絞れない。先に行くのも心細い時間帯になってきたしここいらが引き際だなと思い釣り下がることに。

やる気なしにダウンに投げながら歩いていると急に重量感も感じる。掛かった!ほんの2~3m先の近い場所だったが、良型のイワナでした。

シーズン初イワナです!嬉しい~!

IMG_6617.jpg


偶然だろうがなんだろうがそんな事は関係なし!とにかく逃げそうになるも何とかネットに入れ記念撮影に成功。


IMG_6543.jpg

いやーとにかく嬉しいの一言。やっぱり一つあげると気分も盛り上がりますね!

そこ先からの帰り道は林道に上がる。途中鬱蒼とした林の中を通る事になるが、途中にでかい糞が。

まさか人間ではなろうからクマか何かか。

足早に通り過ぎ、無事、車まで戻ることができました。

ヒットルアー:スピナー
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: トラウト  渓流  ルアー  名取川  広瀬川  イワナ  釣り 

再びumeさんと  





その日は再びumeさんと。だけどその日は強風と雪代で川はかなり厳しそうな様相。

せっかくだからとちょっとばかし入ってみるも、ルアーがどこを流れてるかもわからないし、立っている自分が不安定なほど。

前回は簡単に渡れた対岸へも危険を感じ止めることに。

そんなワケでこのポイントは早々に撤収し、別の場所へ。とは言っても時間の限りがあるのでどこへ行こうか?

近場ということでかなり有名なポイントへ行ってみることに。今日はどこ行っても厳しそうなのでダメ元ということで。

先行者のフライマンがいるも、あっちウロウロこっちウロウロ。見ているからに厳しそうなオーラが出ている。

そこから500mほど上がり入渓してみるが、やはり流れが速く撤収を余儀なくされることに。

なんか二人でいくと決めた日に限って状況が厳しいですね。
-- 続きを読む --
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: トラウト  渓流  ルアー  名取川  広瀬川 

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。