なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

5月最終  

お気に入りの渓にもだいぶ釣り人がはいってるようです。

10時くらいに着く事が多いのですが、その頃には車が2~3台は停まってる事が多くなった。

かなり先へも林道は伸びているが、かなり細く途中には崩れた痕、崩れた土砂や樹木を伐採した痕が残さされている。手前に車を留めて歩けばいい、と地元の釣り具屋さんには言われるがそれもちょっと面倒だし怖い。

もちろん単独じゃなければそれも可能だが、単独だとどうしても後ろ向きな気持ちになってしまうのも事実。

IMG_6850.jpg



枝分かれしている沢のふ淵でイワナがヒットしたが、今日はそれで終了。

2週間前までは釣れないまでも、あんなに魚影が濃かったのに。釣られてしまったのかスレたのか。

情報収集が必要ですね。
関連記事
スポンサーサイト

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: トラウト  渓流  ルアー  名取川  広瀬川  イワナ 

仕事前の1時間  

短時間であるが管理釣り場下流に行ってみた。先週の大ニジマスの余韻もあって大物狙いでも良かったが、小渓流の方が性には合ってる気がするし好きだ。

この日は晴れていて水量もだいぶ下がってきている。瀬に入ろうとすると走る魚影が見えた。

こういう場所でも遠目からしっかりとポイントに投げる事ができればヒットの確率も高くなるのか。

ただ、木々も葉もだいぶ生い茂ってきたので、キャスティングの方法も見直さなきゃならない。

結局はミノーでヤマメがヒットしたが、それまではミノーには反応せず、スピナーに変えると反応が良かった。

気温20℃だったが、まだ盛期には早いのかな。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: トラウト  渓流  ルアー  名取川  広瀬川  ヤマメ 

二尺のニジマス  

その日はumeさんとの釣行。とりあえず集合し本流か渓流域か?となりまずは渓流域へ。

だが、やはり二人でいくと渋い。場所かお気に入りの沢。先行者もいないし連れてもおかしくない状況ではあるのだが。

IMG_6793.jpg

IMG_6797.jpg


一応こちらの場所へは自分がご案内したので、なんとか釣ってもらいたいと思ってたのですが、まさか自分に25cmのイワナがヒット!

IMG_6792.jpg

ちょっとしてその場所は諦め、今度は本流へ案内される。

正直なところ今までの少ない経験から景色やらその他の要因を含め、本流より渓流の方がいいと思い込んでいた。

その本流を上がっている途中までは。渓流域に比べると当然水量も多く釣り上がるのも渓流域に比べたら骨が折れる。広くて全くイメージがわかない。等など悪いイメージしか頭をよぎらない。

そのうちumeさんにヤマメがヒット!

IMG_6802.jpg


半信半疑でやってるせいか、自分には未だ反応なし。

そうこうしてるうちにumeさんにフローティングでやってんですね?なんて言われビックリ。シンキングでやってるとばかり思ってました。

そこでシンキングに交換。ちょうど目の前に深さのある淵があるじゃないですか。

ふと覗いてみると2m弱の深さのあたりに鯉のようにユッタリと泳いでる魚影を発見。ダメ元で頭上付近に着水させ、そのままシンキング、シンキング、シンキング・・・。

おっ、気付いたぞ!おっ、食った!思わずシッカリフッキング!大丈夫そうだ!

それほど暴れはしないが、ビクともしない様子。そんなやり取りに気付いてくれたumeさんが駆けつけてくれる。

でけぇ~の一言とともにネットを差し出してくれる。なんとかインしてもらい捕獲完了!

IMG_6805.jpg

計ってくれたら62cm!今期の運を使いきった感はありますが、とにかく嬉しい、信じられないの一言です!

ちょうどそのあたりでタイムオーバーとなり、その日の釣行は終了となりました。

ただ釣ったという実感はなく、その後は放心状態とは行かないまでも、まるで気が入らず。

20cmのヤマメが釣れるも、もはやどうでもいい感じでした。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: トラウト  渓流  ルアー    広瀬川  イワナ  ニジマス  レインボー 

雨上がり  

今日は天気もよく場けっも良さそうだ。なのでお気に入りの渓に行ってみることに。

お気に入りと言っても特に釣れるワケでもない。もちろん自分の技術的な部分はさておき、雰囲気が好きだからである。雰囲気。結局のところ今は景色がキレイというだけである。

それが本能的に釣れるような渓相と感じてるか定かではないが、気分の悪いとこで釣れないよりは気分の良い場所で釣れない方がまだマシ、と言い訳を作っておきたいのだけかもしれない。

IMG_6755.jpg


新緑がとてもキレイなので、釣れなくても癒されそうだがやっぱり釣れるに越したことはない。

そんなワケで気持ちも高ぶり、いつもより奥へ奥へと足を進める。

始めてから4時間が経過したが、バラシばかりで釣果にはつながらず。得意のスピナーには全く反応なし。今のところスプーンよりはミノーということでしばらくやり過ごすことに。

ラスト1時間で3匹のイワナが立て続けにヒットさせる事ができた。

IMG_6788.jpg

IMG_6775.jpg

IMG_6785.jpg


同じ赤系のフローティングミノーでのヒット。時間は夕方4時前後になってました。6時間ほぼ歩きっぱなし。

そんだけやって3匹ってダメダメですよね。ただ、気持ちのいい1日となりました。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: トラウト  渓流  ルアー  名取川  広瀬川  イワナ 

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。