なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今季最終の新川川  

とうとう9月30日を迎えました。最終釣行は新川川で、と決めていました。

IMG_7948.jpg


なぜなら3月1日に新川川からスタートしたからです。新川で始まり新川で終わる。一番通ったのもこの新川川だと思います。

人気スポットで釣果を考えると別の選択肢があったのかも知れませんが、一つのポイントを年間通して観察するのも良いかと思ったからです。

渇水や台風後にはどうなるか、などなど少なからず一つの川を見ていれば状況把握しやすのではないかと。

まぁ今後の参考になればという事です。

そしてその日の釣果はと言うとチビイワナが3匹だけ。朝4時に起きて5時半に到着し入渓。約1時間半の釣行を終えると別の沢に入ろうと準備している二人組。

IMG_7954.jpg



IMG_7952.jpg


そっちの方が人気なのではじめにそっちに入っとけばよかったかな?とも思えました。

IMG_7956.jpg



その後にはニジマスを釣った中流域へ移動するも、アメンボ以外の生命反応はまるで無し。

とりあえずは自分なりに精一杯やったシーズンではありました。

にほんブログ村 釣りブログ トラウト</div>
<div class=
関連記事
スポンサーサイト

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

反応無しの広瀬川  

午前中の広瀬川での釣り。駐車ポイントには先行者の車が1台。準備を進めていると車の主が戻ってきた。

話を聞いてみると岩手の方で転勤で仙台にきたということ。どうしても広瀬川の本流ヤマメをあげたいとの思いで休みをとったみたいでした。

この場所は反応がなくポイントを変えるとこでした。もっと下流の西仙台病院あたりを探ってみようと思ってるらしいが、あまり気の進まない雰囲気だったように見える。

岩手だと入渓が楽なポイントが多いらしく、特に広瀬川は渓谷になっているために困難な場合が多いとのこと。

その日も荒雄にするか迷ったらしいけど、そっちに行った方がよかったんじゃないか?と思う。

広瀬では釣れているらしいが、仲間内では良型が釣れた話はあまり聞かないし、時期を考えると荒雄の方が確率は高そうに思える。

IMG_7912.jpg



IMG_7910.jpg


IMG_7913.jpg


ベイトらしき小さな魚は確認できたが、以前来た時と比べ水位が明らかに低下。前回は膝下くらいはあったのに、その日はルアーを流していても途中で引っ掛かってしまうほど。

厳しいと思いつつ着てはみたけど、やはり現実は厳しかったですね。

関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tag: 広瀬川  トラウト  渓流  ルアー  釣り 

澄川と小阿寺沢  

シーズンも残すところあとわずかですが、いまだ尺上サイズが釣れていません。

中流域に行ってボウズも嫌なので、今回は澄川メインでの釣行にしてみた。しかし思うような結果にはならず。

入渓点からすぐにおニューのDインサイトで20cm強のイワナがかかるも痛恨のバラシ。

幸先いいと思うのもつかの間。終点を予定していた大堰堤までまるで反応なし。先行者がいたのは分かっていたが、今シーズンは澄川に来る機会はないのでそのまま進んできた。

IMG_7887.jpg


大堰堤の上に上がりたかったが、一人では気が引けたので何とか下から遠投しみたが反応はなかった。

その後駐車ポイントに着く直前で小さいイワナがヒット。なんとかボウズは逃れた。

IMG_7894.jpg


でもここでは終われないと思い、近くの小阿寺沢へ入渓。以前ニジマスを釣った渓だが、臭いもちょっとあるし、藻がありしばらく流れが悪かったような跡がある。

上流部へいくと水の濁りも次第になくなった辺りでヤマメがヒットしてくれた。足元付近でのヒットだったのであまり釣り上げた感はないが、20cm以上だったので一安心。

IMG_7898.jpg


直後にはチビヤマメ。

IMG_7904.jpg


以上でその日の釣行は終了。満足いく釣果ではないが、いたし方ない。あと1日いけるかな。

関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

大倉川上流部  

定義林道を走る事50分程度。そこから30分かけて急な下り坂と藪をこいで入渓。笹木沢との合流地点の手前まで釣り上がっていきました。

IMG_7865.jpg


案内してくれた知人のとっておきの場所だったらしいのですが、結果はn/a(釣果無し)。

所々良さそうなポイントがあったけど、魚影も薄くたまに追ってくる魚もやる気なし。

IMG_7872.jpg


IMG_7877.jpg


笹木沢手前の折り返し地点の淵。ここでは黒い尺程度の魚体が追ってくるも直前で見切られ終了。

IMG_7875.jpg


山釣りでは当たり前のプロセスかもしれませんが、入渓と退渓にはとても疲れました。

林道は結構な荒れ具合でしたが、乗用車でも果敢に挑んでくる方が多い。現にすれ違った4台の車がそう。それ以外にもちらほらと釣りと思われるジムニーなどが停車していた。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

江合川と荒雄川へ  

今週は知人に江合、荒雄川を案内してもらいました。

現在の状況は良いとは言えない状態だが、有名河川なだけに知っておいて損はないはずだ。

渇水もひどいらしく、藻が非常に多く釣りずらいポイントも多々あるとはいえ、水量があればかなり魅力のある河川なのは間違いなく予想できる渓相である。

まずは江合川。去年自分が初めて連れてきてもらった場所。そう、釣りで初めて川に入った場所だ。

IMG_7829.jpg

ここでは早速ヤマメが迎えてくれた。チビではあるが、色濃くキレイな魚体でボウズは免れたので一安心。

IMG_7833.jpg

その後はあちらこちらを繰る打連れていってもらい、入渓はしなかったが良さそうなポイントも数多く教えてもらった。ほんと感謝です。

そしてとある渓。川幅も小さくところどころに淵があるような渓相で、その途中はかなりの浅瀬でつながっている。そこでその日一番のヤマメがお出迎えしてくれた。

IMG_7849.jpg

IMG_7847.jpg

IMG_7845.jpg


その後の釣果はウグイとチビヤマメがヒットしたのみ。

荒雄のC&R区間も何か所か入渓したが、反応は宜しくない。ポイントによってはヒドイ藻も群生が。
ルアーを流す度に藻がかかりストレスあるリーリングとなる。

荒雄に関しては釣るのも目的ではあったが、自分にポイントを教えてくれた知人に感謝したい。どっちみち状況は厳しく、それほどの釣果を望んだ釣行ではなかったのだから。

IMG_7857.jpg

IMG_7854.jpg


今年は尺と出会えるかな。

にほんブログ村 釣りブログ トラウト</div>
<div class=
関連記事

category: 江合川・鳴瀬川水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

雨の奥新川  

最近は全く釣果がありません。今年のから始めた渓流釣りなので渇水状況など去年と比べる事が出来ないのでなんとも言い難いとこだ。

先週の長谷倉川といい下調べを目的とした釣行はどうしても時間がかかり、そろそろストレスが溜まってきている頃。

なので今週は奥新川へ行ってみる事にした。そしてその後は二口あたりへ行ってみようかと思ってる。

駐車スぺースで腹ごしらえをしていると雨粒が落ちてくる。今日は雨マークついてなかったよな?太陽も出てたし。

それにしても本格的な雨。ただ、顔見知りが別の沢へ入ったばかりなのでこちらも引き下がろうとは思わない。

早速準備を済ませ入渓。

IMG_7631.jpg


雨粒が大きくなってくるし、遠くでは雷の音も聞こえてきた。ただし雨なので水面にはシェードがかかって逆に良いかもしれない。

10分ほど釣り上がったところでさっそくヤマメがかかってくれた。20cmそこそこだが、今の自分にとっては非常に嬉しい1匹。

IMG_7619.jpg


とりあえずは一安心。自分の技術ではとおすのが難しいポイントだが、浅瀬にも魚がいるようだ。足を踏み入れると黒い影が走るのが見える。

その数分後にも小さいがヤマメがかかる。小さいけど尾びれもキレイな魚体だった。

IMG_7628.jpg


そして木で覆われたトンネルのようになっている淵にさしかかる。近づかなければ高確率でかかりそうなポイントである。上には全くスペースが無いのでサイドからキャスト。もうちょっと奥まで届いて欲しかったけど合格点。

早すぎず遅すぎずを意識してトゥイッチングもどきでリールを巻いてくる。

すると今日一番のヤマメがヒットしてくれました。大きさはさほどでもないが、今までのよりも重量感があり釣った感じがする。

IMG_7632.jpg

IMG_7638.jpg

IMG_7637.jpg

IMG_7636.jpg


この1匹ですっかり満足。そのポイントから先は通れない個所があるらしいので、その日はそこから下がる事にした。

若干ヤマメも色づいてきたような気がします。その日の釣果は雨だったからなのか、それとも時期的なものなのか?ハッキリした事は分からないが、残りの約2週間で尺を上げたいと思ってるけど無理っぽいかな。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

七北田水系長谷倉川  

仙台周辺はどこも厳しそうなので、いつもと違うポイントを思い泉ヶ岳周辺にある長谷倉川へ行ってみました。

IMG_7607.jpg


ここは七北田川水系になるみたいですが、漁協がありません。なのでどちらかというとマイナーなのかもしれませんね。つい最近までは泉ヶ岳から上に行く道路が通行止めだったため、下から入る道が分からずじまいだったのですが、開通したらしいので上から林道を下ってみました。

IMG_7608.jpg


やはり釣り人はいるんですね~。まずは1台の車を発見。そのさらに下流で釣行開始となりましたが、準備をしている最中にも車が2台ほど通過していきました。

かくいう釣果はというと、無しです。魚は小さいのが1匹追って来たのが見えただけで、その後は沈黙。

途中足を滑らし前面からダイブ。ロッドは無事でしたが、ルアーがなくなってました。そして膝を打撲。

さらに上がってみましたが、ボチボチ上流にいた先行者の車あたりまで行きそうなので退渓。

IMG_7611.jpg


残すところ一カ月を切っていますが、釣る自信がないですね。


関連記事

category: その他

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。