なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ウェイト前方埋め込みはイマイチ?  

今回のルアーは真ん中より前方に設置しました。

テスト結果は前回書いたとおりイマイチでした。2mmのバルサを貼り合わせたもので、重りは0.45グラムを2個。

トータルで3g前後だったのですが、8割が納得いかない泳ぎ。しかも早目のリーリングだと浮き上がってきてしまう始末。市販のルアーは間違いなく浮き上がってこないですよね。

ウェイトの場所も含め、リップのバランスも悪かったんでしょう。ただ、形もバラバラなので検証もしづらい。

現在仕込んでるルアー13個もウェイトは同じ2個。バランスはセンターよりですが、かなり不安です。ディッピング回数を増やして重めに設定してみるつもりです。

初めの方は重めのルアーが多かったのですが、フローティングとはいかないまでも、軽めのルアーも欲しかったので作ってみましたが、軽い分設定も微妙になってくるということでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

動きが変わらない  

だいぶ数は出来てきましたが、動きがどれもあまり変わらない。解禁まであと2カ月を切りましたが、あと10個程度作って一旦終了し、解禁後に実際に使用して検証し、改良点を踏まえ再度制作にあたろうと考えてます。


IMG_8420.jpg


リップも若干どちらかに傾いていたりと、実際の止水でのテストでも偏った泳ぎになってしまう場合もありますが、アイの調整でなんとか使えるレベルという程度。


IMG_8432.jpg


初めは重いもの作っていましたが、今は軽いのも作ってます。ですが、こっちの方が難しい気がします。軽い分、リップの角度が微妙になってくるように思えるからです。

リップは大きめに作ったやつを取り付けて、抵抗が大き過ぎれば削るってパターンです。

実際の釣りも昨年やっただけなので、引き抵抗の強い方がミノーの状態を把握しやすいと考えるからです。

あまり強過ぎても扱いづらいらしいんですけどね。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

セルロースの色止め  

セルロースの色止め。何か良い方法はありますか?

以前も書いたように最初ミスターカラーのクリアにリターダーを数滴入れたやつを数回吹いてました。

でも完全ではありませんでした。

そしてセルロースをラッカーで薄めたやつを同じように数回吹いたらほぼ完ぺき。

ネットで調べてみるとセルロースの中でも粘度た高めというウワサ。しかも自分の使ってるブラシはオークションで購入した安物。

それが原因かは分からないが、かなり薄めないと吹く事ができない。感覚的には1:8か1:9でほぼシンナーかと思えるが、以外にもこれでOK。

それにもう一つ考えられる要因がある。自分の場合はそのセルロースを薄めたシンナーにミスターカラーを2~3適入れたものを塗装に使ってます。

何回も吹かないと色は付いてくれないのですが、これがくらいが普通なんでしょうか?意外と良い感じの色合いになるんです。

ミスターカラー専用のうすめ液で試した場合と比べ、粘度が高い分ベタッとなることも少ないので、いまはこの塗装の方法でやって満足してます。

これも色止めがしにくい要素なのかもしれませんね。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。