なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

白石川本流の尺ヤマメ  

その日は仕事前の釣行。朝3時半過ぎには現地に到着し、4時前には開始。釣れそうにないが、先行者がいたら移動する場所もなく退散するしかないからだ。それによく拝見させてもらってる本流フライマンのブログに4時半前後に釣果が期待できそうだという事を目にしたからだ。

場所も時期も違うのであてにならいが、せめて時間帯だけでも真似をしてみようと思ってロッドを振りだす事にした。
案の定15分ほどしたとこで釣り人が一人上流へ入ってきた。自分は下っているので気にはしなかったが、下流に来たかったのかそのうち姿を確認できなくなった。
そのうちとろこどころでライズが発生。ミノーを使っていたが、スピナーで探るも反応せず。その後3.5gスプーンに替えたが同じく反応なし。

shk29_01.jpg

そしてスプーンのサイズを落とした3投目。油断していた手元に突然波動のようなものが伝わってきた。
え?ヒットなの?ロッドの先を見るとぐりぐり動いてる!今までにない引き具合!そして水面から跳ねる事2回。ヤマメだ!さらにラインのテンションが緩んだのが2回。巻いていたら足元まで勢いよく走ってきた。
まだちゃんとフックが掛かってる。助かった~と思っていたら楽にランディング出来て捕獲完了。

shk29_02.jpg
計測したら31cm。人生初の尺上ヤマメ。もうちょっと大きいかと思ったけど、体高があって満足。時間は4時40分くらい。時間帯は狙い通りなのかな?あたりはすっかり明るくなっていたし、ライズが始まって15分くらいしたところでした。

shk29_011.jpg

やめらんね~わ、この感触!この引き!

shk29_04.jpg


shk29_06.jpg

ヒットルアーはスプーンX。前回の釣行でumeさんからの頂いたもの。2gですがちっちゃくても釣れるんですね~。
廃番品ということであまり使いたくなかったのですが、サイズ的にこれしかなかった。結果オーライですが、またしてもumeさんに助けられた感じです。ありがとぅーす!フックはミノー用。前回緊急で取り付けたフックでした。

shk29_05.jpg

その後は25cmほどのヤマメがバイトしてきたのみ。もうそんなのどうでもいいって感じでしたけどね。
釣れなければ8時までは粘るつもりでしたが6時ちょっと前に終了し、24時間営業のなんでもおいてる中古ショップへスプーン探しに。何にもなかったですけどね。
まさか尺ヤマメが釣れるとは思ってなかったですからね。あ~良かった良かった。

関連記事
スポンサーサイト

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

白石川と七ヶ宿ダム  

本流で尺ヤマメを釣る。これが近頃の目標というか欲求の源になってます。広瀬と名取は川止めの期間なので他をあたるしかないのだが、前回に引き続き白石方面へ。
ちなみに広瀬は鳳鳴四十八滝から下が、そして名取は大滝から下が禁漁らしいです。
実際に行ってみないと分からないことの方が多いのも事実なので、下調べは軽く済ます。

tms26_07.jpg

二人組の先行者がいたのですが、周辺をうろうろしてるうちにいなくなったので入渓。
10cmちょっとのヤマメに3回ほど邪魔されるも20cm半ばくらいのヤマメがかかってくれました。

tms26_02.jpg

バランスが悪く、体高はあるんだけど後ろ半分が短いようなヤマメでした。

tms26_04.jpg

ヒットルアーは前回の釣行でも活躍してくれたこいつ。しかし、その後リップが外れてしまいました。接着はエポキシのみだったハズですが、瞬間接着剤で留めてからの方が自分の場合は良いのかもしれませんね。

tms26_05.jpg

そしてその後にumeさんから連絡があり合流。お互いどこを探ればいいか分からないのでとりあえずダムへ。umeさんはバスをヒットさせましたが、自分は何もなし。ルアーのロスト1だけ。

tms26_06.jpg

さらに本流へ戻り、小雨の降る中投げ続けるもものの何事もなく終了。
ロストした時の話ですが、遠くへ飛ばそうとフルキャストした際に後ろの草などの障害物に干渉してルアーだけふっ飛んでいく。そんな事が今期3回ほどありましたが、umeさん曰く「やっぱフルキャストはよくないですよね」と。
ゴルフなどの道具を使うスポーツの場合、力を100%入れるより70%程度の方が効率が良いと言われます。釣りのキャストも同じなんですよね。70%たいして飛距離も変わらないとうか、それ以上飛ばせるし。
ここぞと思う時はついつい歳甲斐もなくめいっぱい振ってしまうんですよね。
関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

ヤマメと戯れに  

目的は探索とヤマメと戯れに。umeさんとの約束でいつも二人では行った事のない方面へ。それぞれ入った事のある渓を二人で探ってみたり、良さそうなポイントをみつけ入渓してみたり。朝4時集合だったので5時頃の開始だったかな。


msk06_09.jpg

さっそく自分には堰堤下で25cmのヤマメがヒット。

msk06_01.jpg

その後は一段下で小さめのイワナがヒット。アップしてもしょうがないサイズだけど、その日はその時間帯が自分のプライムタイム。その後はめぼしいヒットに恵まれず極小ヤマメのみ。

msk06_03.jpg


msk06_04 (3)

ヒットルアーは先日作ったミノー。6g程度でシッカリ動いてくれて、ベリーのフックも小さくしたのでボディに絡む事も少なくいい感じ。

msk06_04 (2)

その後はちょっとばかし上流へ行き、良さそうなポイントを探るも気配なし。退渓時に分かったけどちゃんと踏み跡ありました。苦労して壁を下りなくても良かったみたいです。

さらに上流へ上がりumeさんがパーマークのキレイなヤマメをヒット。やはりネットがキレイだと改めて思うも、自分にはラバーが合ってるかな。

msk06_06.jpg



msk06_07.jpg


その後は自分にもバイトがあったんですが、フックが絡まっていたのか残念な結果に。

そして最終目的地ではお互い極小ヤマメが多くヒットしたんですが、umeさんがとても美しい体高のあるヤマメをヒット。しかし測定中に脱走。おそらく泣き尺程度ってことでした。

最後の方は暑くて集中力切れてました。でも新規開拓も上々な結果でしたよ。開拓は二人だと効率良いですね。一人じゃ効率悪いというか慎重になってしまう場合もありますからね。

またよろしくお願いしますね~!
関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

濁りの中テストしてみる  


IMG_9393.jpg


ダメもとで名取本流へテストへ行ってきました。それほど水位は上がってないものの、枯れ葉などのゴミが多くてキャストの度にかかってくるし水中が見えないのでイマイチ分かりづらい結果でした。

極端に傾いて泳いでないか?、それと早引きして浮き上がってこないか?あたりがチェックポイントでしょうか。

大きめに作ったうすうすタイプのミノーはリップが大きすぎたのか動きが今一歩。それ以外の5~6cm程度のものは1個を除いては納得の出来。というかインジェクションミノーっぽくてちょっと残念な感じでした。
理由はおそらくリップをいつもより小さめに作ったからだと思われます。

そして、ダメだった1個はリップを後ろに付けすぎたとかもしれません。リップを削って調整し次回に備えます。


IMG_9394.jpg


その後は支流へ行ってみたものの水量は若干多めでしたが、やはり枯れ葉などが多かったので10分でやめて帰宅です。

ベリーフックが頭に絡みやすいので、近くの釣り具屋で小さめのフックを買って作成してみます。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

試しに  


IMG_9388.jpg


何かの記事で読んだので試したかったのですが、底の部分を鋭角にすると安定するみたいな。簡単に言うと船底みたいなイメージだと思うのですが。

船体をみると底にいくにしたがって細くなってるけど。ちゃんと浮いてますよね?原理はそれと同じらしいですが、厳密に言うとシンキングなので沈下姿勢を安定させたいという考えからです。


IMG_9384.jpg


うまく撮れなかったので分かりづらいですが、そうしてるつもりです。今までのミノーはどちらかというと平に近い作りでした。バルサの蝦夷とかも平な感じだったのでそれで間違いないのかも知れませんが、逆にリュウキは平ではなく底にいくにしたがって細くなってます。


IMG_9383.jpg


どちらも沈下姿勢はまっすぐなのでそれ以外にも理由はあるかもしれないが、ここまで作ってみてバケツに沈めてみたところ、これまで作ったミノーより姿勢の安定感がとてもいい。この状態で7gありますが、流れの中でも安定してくれると試した甲斐がありますね。


IMG_9390.jpg


その後塗装したら色落ちしました。前回と同じように色止めで希釈したセルロースを吹いたらそれがきれいに白化。リターダーを塗布した時点で流れが発生です。リターダーを吹けば良かったのか?いや~めんどいでしょ!

流れるのはイヤだけど、これぐらいだったら多少流れてもいいって感じです。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

とりあえず9個は  


IMG_9386.jpg


新しく作ってた9個まではリップも取り付け完了です。あとは川でテストしてからさらに再調整はあるだろうと思ってます。

面倒だから適度に泳いでくれたらそれでいいんですけど。今回もセンターバランスでなるべくウェイトは下方へ配置したつもりです。なのでそれでも3個ほど重心が前よりになってるやつがあるのでリップの角度を寝かせてみました。

雨も多少は降ってくれたのでそこそこ状況もよくなっていればいいのですが。

大きめに作ったヤツはボディの割には軽すぎたかも。5~6cmのやつらは5~6g程度で渓流でも使えそうな感じ。

渓流域では3~4gがお気に入りなので使い勝手に幅が広がればいいと思ってます。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

スイムテストと作製  

前回自己最高のイワナを釣って満足sてしまった事と、これからの目標の尺ヤマメを釣り上げる事が厳しそうな事を理由にその日は補充の為のルアー制作とそれまで制作したルアーを微調整してみたのでテストを兼ねて近場に入渓。

テストはまずまず。っていうか自分にとってこれ以上は手の施しようがない。多少の傾きは織り込み済みなのでアイで調整。それでもダメならリップを削るか、抜きとって新たに差し替えるか。その個体の出来が気に入っていればそこまでするが、そうでもなければ墓場である洋菓子の入ってた缶へ直行です。

IMG_9376.jpg

で釣果は無しです。ベイト程度の小さい何かを確認できた程度。それと堰堤下には60オーバーは間違いない個体を含む数匹の群れ。おそらくコイです。ヒレの形はまちがいなく鱒ではなかったので帰ってネットで調べたら多分コイかなと。群れの周辺にルアーを通してみましたけど反応無し。そのうちの1匹の体にラインが触れたのですが、ラインから伝わってくるその個体の大きさをというか重さ?を感じました。ビクともしないというか、仮に釣れたら間違いなく根がかりだと思うでしょうね。

IMG_9378.jpg

新たに作ったミノー。大き目のサイズと通常使っていたサイズを適当に作製。大き目のサイズは8~9g程度ですが、大きさの割に軽かったかも。相変わらず塗装がうまくいきませんが、あまり頑張らない方が良い結果が望めそうです。ついつい足りない感覚に陥りゴテゴテになってしまいます。

湿気の多い時期にはセルロースディッピング後に白濁しますが、色止めで塗るかなり薄めたセルロースでも同じ現象が起きるのでしょうか?その後のディッピングで色がくすんでしまってる個所があったので気になってます。

まぁ、なんとか来週の釣行には間に合いそうです。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

岩魚46  

その日はumeさんとの釣行。そのうち案内するので一緒に行きましょうと約束してからしばらく経ってしまいましたがなんとか実現。朝の3時半に集合し現地へ。道中の半分ほどで明るくなり、もっと早い方が良かったかな~?なんて事も頭をよぎりました。

この日のターゲットはイワナ。目標は相変わらず尺ですが、それ以上も期待できるとの事で気合も入る。

スタート直後からいきなり尺上とわかりサイズのヒット!だけどバラシ。を繰り返す事数回。まぁ大物とのやり取りをした事のない自分にとってはこれもまた通過点。

そしてすぐにumeさんが40cm超のイワナをヒット。いとも簡単に結果を出すのはさすがですね~。羨ましい!

062013_05.jpg

自分にもヒットするが何故か少ないと思われるヤマメ。自分的には良いサイズなんですが40cm超のイワナと比べるとさすがに見劣りしますね。

img_9336.jpg

その後33cmのイワナをヒットさせなんとか自己記録更新ですが、なんか小さく見えちゃうのは麻痺してるから?

img_9341.jpg

とりあえず肩の荷は下りたので更なる記録更新を目指しポイントを移動。

img_9344.jpg

umeさんは荒瀬を臆することなくガンガン進んでいく。ちょっと怖いから渡る手前で数回キャストして心を落ち着かせよう。そしたらデカいのがヒット!焦りながらもなんとかumeさんの指示に従いながらランディング。

img_9365 (2)

計測したら46cm!在り来たりですが「獲ったど~!」って感じです。

img_9359.jpg

いつも見てるイワナとは明らかに顔つきが違いますね。

img_9357.jpg

自作のルアーでのヒットですが、結構前に作ったベタ塗りになってしまったやつ。動きはまずまずなんですが、見た目良くないと使わなくなりますよね。その前に既にこの日の為にこしらえた重めのミノーを含め4個はロストしてしまっていたので、特攻野郎的に選択したのですが。イワナがこのミノーの何にそそられたのかは定かではありません。

この時がこの日のプライムタイムでした。その後は小さいのが釣れた程度。最後を飾ったのがウグイだったのは残念ですが。
単独の釣行が多いので複数だと安心だし楽しいですね~。
とにかく連れてきてくれたumeさんに感謝です。色々とアドバイスもしてもらったし、良さそうなポイントを優先して釣らせて頂きました。ホント有り難うございます。

img_9357 (2)

でも結局は僕が釣った以上の大物をあげてますからね~。umeさんも自己記録更新でした。しかも僕が先日作ったミノーで!これまた嬉しいの一言!

img_9349.jpg

長めのタイプを初めて作ったんですが、完全に試作程度でしたから。アップではイマイチでしたがダウンではそこそこ動いてくれたようです。

img_9350.jpg

新鮮なクマモンの足跡も発見しました。犬と比べるとやはりデカイ。怖いです。皆さんもお気をつけて。
関連記事

category: その他

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。