なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2個だけ塗装  

今週の休みは仕事半分。しかも雨がチラついていたので2個の塗装待ちのミノーに吹き付け。

IMG_9554.jpg

メタルカラーを初めて使ってみました。某メーカーのミノーのカラーが涼しげで素敵な色合いだったのでマネしようと思いましたが、当然似ても似つかず。ですが、メタルカラーもちょっと入れてあげるとアクセントになっていいのかもしれません。

ただしこの個体はあまり動き良くなかったやつの一派なんで、ちゃんと泳いでくれるか心配ではるのですが。

今まで無かった雰囲気なので楽しみなのは楽しみなんですがね。
関連記事
スポンサーサイト

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

江合で…  

結果的にボウズでした。この程度の濁りはどうなのかわかりませんが、予想以上に水量も多く流れも速かったです。
2週間ほど前もumeさんが訪れてやはり同じような事を言ってたのですが、南の河川は渇水気味。時間も経ってるしそんなにひどくはないだろうとと思っていましたが、結果は同じでしたね。

IMG_9551.jpg

しかもロストはミノー6個。自作5のインジェクション1。自作のミノーは大場所様でこしらえた8cm前後のタイプが中心で、結果を出さずにロストという結果になってしまいました。

IMG_9553.jpg

どのミノーも何かしら結果を残していたので一気に結果の出ていないミノーのロストは悔やまれます。

バイブレーションを作製してそこそこ動いてくれたことでしょうか。他の釣りをやったことのない自分は当然バイブレーションなんて使った事もないですが、ミノーとスプーンの中間的なルアーって事を小耳にはさんだので試作してみました。

バルサにコーティングしただけのモノにフックを付けてのテストでしが、なんとなくフルフルしてたので今後に期待が持てそうな結果で良かったです。

釣果もないですから何かしら持って帰らないとね。
関連記事

category: 江合川・鳴瀬川水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

午後からの本流釣行  

その日は朝一から用事を済ませ昼過ぎからの釣行となりました。予想気温は30度超。朝一の方がいいけど、あまり経験のないイブニングでもいだろう。

最初の場所は下流に鮎釣り師が2名。初めて入ったポイントだったが、朝一あたりはよさそうだ。だけど今はライズはあるけど魚からのアプローチは無しでした。まぁ開拓がてらってことで良しとしましょう。

そして次のポイントでも鮎釣り師が。近づいてみると老紳士でしたが、快く下流に入る許可をくれました。

そこは80cm前後の水深で比較的平坦な流れ。40mほど下流や近くでも小さいライズがあり期待は持てそう。

U字ターンをイメージしてスプーンが浮かないようにロッドを半分ほど水面に沈め、さらにはロッドの先は底から10cmくらいまで下げて引いてみる。

下流を攻めるのはアップクロスにキャストして引いてみるとヒット!今回は絶対にバラしたくない!ゴリゴリめに早巻きし、まずは近くまで寄せる。ヤマメの青みがかった背中が確認できてなんとも満足。その日が暑かったせいか、ヤマメの背中が涼しげな色合いに見えたのは今回が初めて。

9寸のヤマメでしたが、元気が良かったのでとりあえずは満足。他のポイントも探るもその日はこれで打ち止めでした。

img_9515.jpg

釣行前日に購入したMIUの2.2gでのヒット。半信半疑でしたが気になっていたファイヤーバージョン。フックはバーブレスが標準装備だったので交換。去年までなら「別にいいや~」ってなってたハズ。前回痛い目見ましたからね。当然と言えば当然です。

img_9516.jpg

その後umeさんから連絡があり、どうやってヒットさせたかを細かく説明。
すると「ターンさせる時はもっと立体的に演出してもいいのでは?」というご指摘。
なるほど。なんかの記事で読んだことあるかもしれない。

次回はそれを試してみることにする。
関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

ミノーの水漏れ  

釣行から帰ってきてミノーを補修しようとしていた時に気付いたのですが、水を吸ってブヨブヨに。

その補修というのはジャカゴ?にミノーを絡ませてしまい(両フック共)、肘がすっぽり隠れてしまう深さだったので本体を掴みブッチしたところ、テールのアイが伸びてしまいまうという事がありました。
モノは試しにミノーはどうなってもいいと思ったのですが、さすがに本体が割れるようなことはなかったですけどね。両フックは引きちぎれてしまいましたが。なんとかペンチでアイを押し込んで、捻じりを入れて調整。

IMG_9472.jpg

その弛んだアイの隙間から入ったと思われますが、サイドから強く押してみると弾力がある。

ネットで調べてもあまり事例がなく某有名メーカーの方のブログに質問したところその日のうちに連絡頂けました。ほんとに感謝です。

その返答内容には水漏れは常につきまとう問題らしいです。当然リップの取り付け部分と3か所のアイは注意が必要で、コーティング剤だけじゃなく瞬間接着剤を浸みこませて補強するのがおススメだと。

実は他の方のブログで瞬間接着剤を浸みこませる方法は知っていて、実践はしてたつもりですが忘れたやつも正直ありました。もはやどれかは覚えてないですが、「忘れちゃったな~、まぁいっか!」となった事だけは覚えてます。たぶんこの時かな~なんて。

これはこれで今後は実践するとして、セルロースの乾燥時間も問題かも。急ぐあまり1回ごとの乾燥時間が短くなってしまっていたのも事実。

あくまでも予想ですが、初期に作ったミノーに関しては、それなりに使っているが触ってみるとカチカチのままでブヨブヨにはなってないので。

もしくはバルサを張り合わせる際に以前はジェル状の瞬間接着剤を使っていたから強度が保たれていたのか?

さらには湿気の多いこの時期。白化防止のリターダーを塗布し過ぎたのが原因かもしれない。

いずれにせよ今となってはそれなりに使えるミノーもあるので、次回からの制作の際には待つ根気も必要ですね。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

残念ながら成果なしの朝練  


img_001.jpg


行ってみましたがバラシのみで成果なしの釣行でした。その日はライズも少なく穏やかな状況。水量の大きな変化は見られないが気温が高い。その影響もあったのかはよく分からない。

反応が見られないまでもミノー中心にキャストしまくる。ここではロストはした事なかったのに、レギュラークラスとスーパーサブを痛恨のロスト!一つは最新のミノー。そしてもう一つはだいぶ前に作ったやつで、見た目は今一つだが飛距離も十分で中層あたりを探ってくれるやつ。

今の日本代表でいえば岡崎と憲剛あたりかな~。そいつらがいなくなるとちょっと攻めが単調になってしまう。成果があれば納得もできるが、結果的になにも無かったので悔やみきれず。

ぼちぼちあがろうと思ったその矢先、1.5gのスプーンにヒットが!ヒットしたはいいのだが不安が頭をよぎる。
このスプーンは管釣り用でフックはバーブレスだし貧弱。ばらさずにやり取り出来るだろうか?そう考えた直後にはバレてました。

感触からするに尺上ではなかったので残念ではあるけど諦めはつきます。けど、ゴリゴリに巻いて強引にネットインしとけばよかったかな~とも思う。

何があるか分からないので前日にスプーンのフックを交換しようと一瞬思ったし、umeさんにも管釣り用でもフック交換すれば使えるんじゃないすか~?って言われてたっけ。
まっいっか~!って寝てしまったのが運の尽き。

準備を怠った戒めの釣行でしたね。
関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

雨の釣行  

それほど降るって予報ではなかったけど、それなりに本降りですよ。ときどき雨脚は弱まったりしましたが、間違いなく快適な釣りではない。
前回と同じ時間帯で行きたかったが、午前は予定があったのが早々済ませ現地に向かう。

まずはテスト。画像のミノーはまずまず。しかし一番動いてほしい形のミノーは腹を見せながら泳ぐ始末。なんとかアイを調整して泳ぐようにはなったが、リップを付け替えてみようか検討中。

それとラインはPEにしてみた。今回はトラブルはなかったけど、安価なPEのためネットでの評判通り耐久性は良くないようだ。見計らってまたナイロンに替える予定ではあるのだが、メリットが見いだせれば検討してみようと思ってます。


img_9462.jpg


なかなかヒットさせられず最後のポイントで大きなライズが発生。人が棒かなにかで水面を叩いたと思えるほど大きな音と波紋。その後20cm台の魚体が水面から飛び上がる姿が。

雨の影響で濁りがだいぶ強くなってきていたので、なんとかルアーに気付いてほしい。というか魚はこんなに濁っていても見えてるのだろうか?
スプーンの1.5g、2g、3.5g、そしてスピナー2gを経てシュガー2/3ディープのショッキングピンクへ。
そしたら4投目くらいでヒットです。前回以上に手前でのヒットで、着水点から7分目くらい泳いだあたりでした。

img_9465.jpg

雨脚も強くなって水量も増えたような気がしたので戻りながらキャストしてた時の事でした。尺上と比べると引きはイマイチでしたが体高もまずまずの28cmのヤマメ。多分ライズした小さい方ですね。

来週は仕事で釣りには行けない予定なので、ボウズはキツイな~と思ってたんで一安心です。
関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

ミノーの補充  

塗装が完了したのでリップを取り付け、あとは乾燥を待ってフックを付けるのみ。これで次回の釣行でテストとなります。

IMG_9452.jpg

塗装はいつも希釈が足りなかったのかべったりした感じになってたので、今回はいつもより希釈し薄めの塗料を何回も吹き付けてみました。いつもよりは透明感が出たと思っているんですが釣れなきゃ意味がありません。

IMG_9456.jpg

まだミノーは足りてはいたのですが、作るキッカケになったのはumeさんの一言。下の画像のようなタイプを量産すれば?と。小さく手間が掛かって面倒なんですが、前回の一緒に行った釣行ではまたしても飛距離の重要性を見せられてしまいました。

IMG_9454.jpg

セルロースも底を尽きたのでいつになるか分かんないけど、とりあえずブランクだけは準備しとこうと削ってますんで。

IMG_9457.jpg

テストがうまくいけばいいですけど、間違ってまた尺ヤマメ釣れないかな。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。