なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

朝一のラス前釣行  

おそらくは来週の平日1日がラストの釣行となりそう。その前にと思い朝練を2時間。

IMG_9674.jpg

先行者がいないか心配したが誰もいない。いいのかどうかも分からないポイントだったけど、誰も来そうにないので逆に不安になったりもする。

キャスト2投目でチビヤマメがヒット。その直後にはさっきよりも手応えありのヒットでしたが、残念ながらグイウーさん。朝早くからごくろーさんです。

IMG_9679.jpg

そしてさらに数投目ではそこそこのヤマメが。残念ながらその日最後のヤマメになってしまいましたけど。

完全に陽が昇ってない時間帯だったので周辺や魚の雰囲気がいつもより素敵に見えたような気が。気のせいなんですけど、たまには思い込んで自分を騙すことも必要なのかも。

ヤマメの模様みてるとピンクやら青やら自然にでた色合いだとは思えないほどキレイですね~。最初に連れて行ってもらった時に釣った最初のヤマメもほんのりピンクをおびていたんですが、今覚えばその時には既に本気でこの釣りをやろうと決めていたのかも知れません。

IMG_9677.jpg


近くの合流点からはまだ濁った水が流れてきてました。ウェーダーから伝わってくるその水が暖かく感じたので、触ってみるとかなり温い。合流前のクリアな水とは全然違う。となると魚にも影響あんのかな?

そこから先はクリアウォーターと相まってうっすらとした濁りとなっていけそうかとも思ったんですが、水温が気になりその場を見切って移動。

で、移動した場所にも何も無し。以前通りかかって覗いてみたらかすかに踏み跡があったんで入ってみたかったけど時間切れ間近だったので諦めたとこです。

水も少ないし淵も異常なしでした。ニジマスでもいいので最後に尺上を釣りたいですね。

この間バラしたピンクの尺上ヤマメの時も使ってたミノー用のシングルフックですが、今まで使ってたチヌ用の針にしたらバレなくなったような気がします。

バラしたのは自分の技術も多分にあるのですが、悔しいのでフックのせいにしてます。記憶の中でもこのフックでバレた事があまりないのでしばらくはこれでいこうと思ってますが、何かいいのがあれば教えてほしいとこです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

久々に広瀬名取  

さてさて。台風の後ですが川はどうなっているか?大丈夫だと思っていたんですが、途中の霊屋橋で確認すると前日とあまり変わりない。とは言っても休みは休みなので行くしかない。

今回はあまり遠くには行かず、広瀬名取のできそうなポイントで遊ぶ事にする。

最初のポイントは水量も濁りも許せる範囲だけど、場所にによってはけっこう濁ってました。

こしらえたディープっぽいミノーのテストを兼ねての釣行なんで、こいつら中心に働いてもらう。危惧していたとおり、潜行深度がイマイチ。早巻きしても浮いてはこないので使えない事はない。

これがウェイトのバランスなのか?もしくはアイが前過ぎたのか?この2点が改善ポイントと予想してるんだけど、次に作ってみないと分からない。


IMG_9656.jpg

タダ巻き中心で攻めていると、流れの淀んだところで9寸ヤマメが食ってくれた。この区間で釣った事があまりないので嬉しい。秋色ではなかったけど涼しげで満足のヤマメでした。これがもうすぐ見納めかと思うとちょっと寂しい。

IMG_9649.jpg


魚体に触れないで写真に収めるのは慣れないせいか難しい。

IMG_9651.jpg

こいつにヒットでした。深度50cmあたりだった感触です。

そこからちょっと下って帰ってくるとエサ釣りのおじさんが8mくらいの竿で頑張ってる。自分が電話してる間に泣尺ヤマメを釣りあげたんですけど、スプーンで探っとけばよかった~!と後悔先に立たず。
サイズはちょっと違うだけで体高もあってカッコいいヤマメでした。

IMG_9653.jpg

今度は場所を変えてみる。歩くのも嫌だったんですが、結局急な斜面を下りることに。ここは初めてのポイントです。

IMG_9659.jpg

魚影は薄かったんですが、普通サイズのヤマメが追いかけてきてくれた。だいぶ近づいてたんでタダ巻きだとキツいと思いトゥイッチを入れてみる。普通に考えてヤマメから自分の姿は間違いなく見えてるハズ。
トゥイッチで気をそらし、ミノーに集中してもらった感じですかね。元気なヤマメでした。

IMG_9662.jpg

ミノーはこいつ。これはけっこう潜る。塗装も自分の好きなビタミン系のカラーなんで大事に使いたい。


IMG_9668.jpg


この語は帰りがてら下流へ様子見程度に流してみましたが、反応なしでした。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

次回のために  

新しくこしらえたディープ系になればいいな的なミノー。

次回釣行に間に合わせたいが為に色止めは1回だけ。なのでちょっと流れた部分はあるけど問題無しです。

IMG_9643.jpg


ただこの後リップを付けてはみたんですが、処理の仕方がイマイチ分からずエポキシでグダグダに。皆さんどうやってんでしょうね。今後も下調べが必要ですが、とりあえずは自分なりでやってみます。


IMG_9644.jpg


バケツに入れてチェックしたんですが、予定と違い若干後方重心になってしまいました。


IMG_9645.jpg

想定外はいつものことなので、あとは現場でどうなるか。

台風の直後っていうのが気になるとこですけどね。ガツンと食ってくれる事を想像して早く寝ます。
関連記事

category: ハンドメイド

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

リベンジ失敗  


IMG_9638.jpg


前回上げそこなったヤツにリベンジに行ったけど反応無しでした。

そもそも一度針を咥えた個体は食ってくるんでしょうか?エサを食わないと死んでしまうんで何かしらは食うんでしょうけどね。

タイミング的にはちょっと早いと思たんですが、行けるチャンスがたまたまその日だったんで。

色々調べていたらバスなら掛けられても何度も食ってくるなんて記事もあったんですけどね。

それより調べていたら魚体への影響ということで、なるべく手で触らないとか砂を魚体に付けないとかというブログに行きつきました。

自分も魚体を触ってますが、最初に教えられたとおり手を十分冷やしてから。有名メーカーの社長さんでも魚の持ち方なんてのを教えてる人もいるけど、それでもなるべく触らない方がいいんでしょうね。

触るより砂まみれにする方が魚にとってはキツイらしいですね。人間が石焼きの上に乗せられてるのと同じようなものって表現がリアルで妙に説得力がありました。

ちょっと考えさせられる日でした。

関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

悔やみきれないバラシ  

その日は午前中のみの釣行。ここんところ釣れてないので、けっこう上流へ行こうとも考えたんですが秋色の尺ヤマメに会いたいと思ったので探ってみる事にしました。


IMG_9628.jpg

一か所目。なんの反応も無し。魚も見えない。二か所目。ここもなんの反応も無し。同じく魚も見えない。時間もないのに場所の選択にミスってしまったかな~。

IMG_9629.jpg

しつこく探ってみたものの魚影の一つも見る事ができない。やっちまったな~。

と思って油断してたらなんとヒットです!その距離2m。流れもあったなのでヒットした感触はなかったのでビックリ。

あれ?かかってる!って感じ。慌ててラインにテンションをかけた時には既に目の前。暴れる魚体を観てさらにビックリ!。40近い!しかも完全にピンクがかってるよ!

これ獲りたい!と思ってネットに手をかけようとした瞬間に下流に走られジャンプ、そしてフックアウトですよ。

しばし呆然。その後は無駄だと分かっていてもその周辺にルアーを投げられずにはいられない。当然二度とは姿を見せてはくれませんでしたけどね。

そいつが釣れれば今シーズンは有終の美が飾れたんですが、まだ自分には早いってことなんですかね。

これほど時間を巻き戻したいと思ったのは、スキーで木に突っ込んで骨折した時以来ですよ。ホントがっかり。

せめてもの救いはテストしていたディープ系のミノーにヒットした事でしょうか。アルミ貼って2回ぐらいディっピングしただけでノッペラボウですが、動きが気になってリップ付けて持参してました。
こんなの使ってるくらいだからヤッパリなめてたんでしょうね、どうせ釣れないだろうって。

IMG_9633.jpg


敗因は自分の気合が足りなかった事。魚は間違いなく必死だったと思いますが、自分はそうでもなかった。速攻でネットですくい上げるぐらいの気持ちがなきゃだめですね。

そしてタックルを信じきれなった事。特にライン。ここんとこ本流で深みにハマった時にパツっと簡単に切れてロストしたのが3回続いてます。

そしてこいつもその後ロスト(*_*)

データはとれたので間に合えば今シーズン作成します。

今週日曜は午後から用があって珍しく仕事は休み。なので早朝からどっかでリベンジしたいと検討中です。どこも激戦かな~。
関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

ウグイ祭り  

いつもはヤマメがいたのに全くいない。のせられなかったけど、ごごごっ!と続けてアタリがあったのはもしかしてヤマメだったのかもしれない。

やっぱりフッキングって必要なんでしょうか?過去に何度か同じようなシチュエーションでやってみたんですけど、スカばかりでした。なのでフッキングにたいして臆病になってる部分がある。

それとは正反対にウグイが釣れる釣れる。ボウズ覚悟の夕方に差し掛かったあたりからチビウグイの猛攻。

IMG_9619.jpg


IMG_9620.jpg



それからサイズアップしていき、最後は7寸ちょい。途中ジャンプがあったのでとうとうヤマメかと思いきや結局ウグイのみの10連チャンで終了。

ヤマメ達は上がってしまったんでしょうか?3mくらいまで巻いたとこでミノーをステイさせた時に魚がミノーを品定めしているのは確認できたんですが、ヤマメだと思いたいとこですが魚種まではわかりませんでした。


IMG_9613.jpg


今回のミノーは可もなく不可もなくって感じ。平打ち系が無くなってきたので補充したいとこですが、誕生する頃には終了してそうですからね。


IMG_9623.jpg


で、今回もミノーにはヒット無しでした。スピナーとスプーンでのヒット。

外道釣りあげてヒットもなにもないのかもしれませんが、魚をかけた感触は久々だったので良しとするしかないですね。

今シーズンのクライマックスは来るのかな~。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。