なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

3年ぶりのハゼ釣り  

初めてハゼ釣りをしたの震災の前の年。なので3年ぶりになるのかな。

この日は予報では曇りなんだけど、前日も曇りの予報で雨が降ったりやんだり。霧雨程度ならまだしも、時折それなりに降ってきていた。

そんな事もあり、適当にできるハゼでもやってみるかと行ってみたワケです。幸いにも前回使った針が6本ほど残っていたのも行ってみようと思った理由です。

エサは青イソメを\300購入。最初は1cmにちぎってやっていたのですがちょっと小さすぎだったみたい。その後は5cmくらいでやってみるとアタリがくるくる。最初はワッキーリグ的に付けていたのですが、これも違ったみたいだし、先っちょに付けても多きすぎたみたいで当然ながら食われて針に掛からずって感じでした。

それでも小さめのがそこそこ釣れてきて、ボラっぽいやつや名前は分かりませんが海の魚っぽい20cmくらいのも釣れてきました。


IMG_9856.jpg

そしてちょっと遠投した際には大きなアタリ!ハゼじゃねーなと思って上げたら20cmくらいのハゼ。

IMG_9854.jpg

自分にとっては大物です。小雨降る中で適当に撮った写真なのでサイズ感は全くないですが20cmです。

その後も小さめばかりでしたが、最後にちょっと大きめのが掛かったとこでイソメも無くなり終了。

エサ釣りはエサつけるのがめんどくさいですね。エサの付け方に問題があったのは確かですが、流れが悪くなって集中力が切れてしまいますね。
関連記事
スポンサーサイト

category: その他

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

ロッドと海用のミノー  

先日の釣行で人生初のヒラメを釣ってしまって、なんの根拠もない期待感を少なからず持ってしまった。

海に関しては頂いたワームはまだまだあるので、それをメインに使うのには変わりない。だけど自作のミノーで釣ってみたいという衝動にもかられる。前回は4時間の釣行で5回くらい根がかりがあったので、恐らくはロストも早いだろうと覚悟はしている。

なのでかなり手抜きではありますが2個作ってみました。8cm程度で重さは10gちょい。塗装も面倒だと思い、最初は素のままで持っていって動きや遠投性だけ確認しようとも思ってました。

ちなみにターゲットは決まってません。まあヒラメでも釣れたら最高なんですけど。

危惧したのはリップの大きさ。海でミノーを投げた事はないのですが、カタログとかみるとリップが小さいものが多いように感じた。これはやっぱり飛距離がからんでいるからなんでしょうか。

後方重心すぎてちょっと心配ですが、どんな結果であれキャストしてみるのが楽しみです。

しかし、ここのところ休日あたりになると決まって雨模様。次回の休みも期待薄ですね。

IMG_9839.jpg


そして頂き物のロッド。ゲッツリーさんに頂きました。

シーズン後の釣りをどうしようか迷っていたところ、バスやる場合はトラウトロッドじゃ心もとないだろうという事で。バスこそタックルも様々らしく、これはゲッツリーさんが最初にトラウトで使っていたロッドだそうです。

6fでルアーサイズもマックス7g。ちょうどこれぐらいのトラウトロッドが欲しいと思っていたところでした。ミノーのスイムテストでダム等でも使わせて頂きますが、本流メインでお試ししたいですね。

ほんとに有難うございます。大切に使わせて頂きますので。

IMG_9843.jpg

関連記事

category: その他

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

人生初ヒラメ  

トラウトシーズンが終了しまだ間もないですが。
最終日は空振りだったため、腹いせに海の魚でも釣ってごまかそうと思い比較的近場の海へ。

IMG_9801.jpg

けっこういますね、老若男女が。おまけに近くでバーベキューみたいなイベントが発生してましたし。

その日は昼あたりが干潮で、その頃に行けばいい事あるかな?的に11時到着。去年umeさんに頂いたワーム各種を持参し早速始めてみるが14時までは何もなし。近くで8寸程度の魚がバイトして見切ったのが1回だけでした。

止めようか悩んでいた時にお話しした方が「今日はそんな悪い条件じゃないと思うよ!」って言ってたので、とりあえずコンビニに行って腹ごしらえ。

戻ってきてみたらその人いなくなってるし。ホントは条件悪いんじゃねーか?と思ったんですけど、50mくらい先で釣ってたおじいちゃんが30cmくらいの何かをあげていたのでもうちょい粘ってみる事に。

重りは4号のナツメを使っていたのですが、ちょっと重い感じがした。2号と3号は少量だけあったのですが既にロスト。風もあったし結果的にはちょうど良かったんですけどね。

以前教えてもらった事を殆ど忘れてしまってまして。チョンチョン動かした方がいいのか?それともタダ引きでスローに巻いた方がいいのか。なんだかわかんないけどいろいろ織り交ぜてやってたらどうでしょう?

IMG_9803.jpg


突然新品で3000円のロッド今にも折れそうにしなってる!スゲー何か掛かった。なんだ?コチ以外ならなんでもいい!トルクが凄い!
ラインPE11ポンド、リーダーフロロ8ポンド。多分頼りないスペックなのがロッドを通して伝わってくる。

近づいて浮きがってくると茶色く平たい物体がバタフライ泳法でもがいてるのを確認。

ぶっこ抜きはヤバいと思ったので、水面まで近づける階段まで誘導。ここで問題発生ですが、網も魚を掴むやつも持参してません。というか持ってないんですよ、海釣りは本気じゃないから。

だけどあの大きさは逃したら大後悔です。なので慎重にというかフックを指で掴んで持ち上げてランディング。

52cmのヒラメ。ちょっと嬉しい。でも尺ヤマメの方が嬉しい。

さて、ここも問題。お持ち帰りする気は満々でしたが、どうすればいい?道具は?〆るの?いろんな事が頭をよぎるが、ここでお助け爺ちゃんが登場。指を噛まれながらも血抜きをしてくれて有難うございました!
その後の竿の自慢話は余計でしたが、ホント助かりました。


IMG_9804.jpg

自分で捌いてもいいんですが、せっかくなら綺麗にと思い近くのスーパーの魚売り場で捌いてもらう事に。


IMG_9809.jpg


けっこうな量ですね。料金は¥500也。
およそ4時間半の釣行でした。
関連記事

category: その他

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

来季の目標  

トラウトをターゲットにしてる釣り人がシーズンを終えたら何をするのでしょう?

C&Rに行くのか?それとも海釣りとかの別の釣りにシフトするのか?

自分の場合はどっちもあまりトキメキはなく、今のところは本腰いれてやることはないのです。近くの海や池で忘れない程度にロッドを振る事はあると思いますが。

さて、来季の目標というかやりたい事がいくつかあります。

①ローリング主体のミノーを作る
 今期作ったミノーのほとんどがウォブリング系のだったので。これだと動きが激しい場合があって、なんと言っ たらいいか動きが緩めというかそんなミノーが欲しいと思ったから。
 

②ホーム河川をもっと丹念に探索する
 支流を含め決まったポイントばかりの釣行が多く、ホームであるにもかかわらず知らないポイントがあ多い。  近いのにそんなポイントを見過ごすのはもったいないとので。

③ヤマメについて知識を増やす
 シーズン中盤から後半にかけて動向が分からなかった。予測ができたからといって釣れるわけでもないだろうが 、あてずっぽうより予測して当たった時の喜びは大きいでしょう。 

④ロッドビルディングでもやってみる。
 これはたぶん無理(笑)。なんでも自分でやれば安上がり、なんてのが最初の動機。でもこれはそうじゃないと思 う。ミノーは確実に安上がりですけどね。
 今のロッドがちょっと硬いので柔らかいのもほしいと思って調べていたのがキッカケ。

モチベーションは確実に下がってますが、来シーズンに向けて少しずつ進んでいきたいですね。


IMG_9720.jpg

関連記事

category: その他

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

あっけなシーズンく終了  

今シーズンの〆はロッドから魚の感触を得ることなく終了しました。

渓流の入り口あたりから始め、移動して渓流域、そして中流域へ。

初っ端に小さいカジカが釣れた、というよりはフックに掛かっていたという感じでしたが、当然なんの感触もないですよね。

そこから移動し渓流域へ。ここはいつも1時間半くらいかけて半分までしか進んだ事はなかった場所。その地点からちょっと進んで何も無ければ戻ろうと思ってはいましたが、川通しになるし移動して別の川に行くのも面倒だと感じたので目安となるさらに1時間ちょっとくらいで着くであろう堰堤まで行ってしまい林道を帰る行程を選択。

IMG_9712.jpg

まぁ魚影は確認できましたよ。ルアーにも反応はするし追ってはくるけど、半信半疑って感じです。スレているのもあるとは思いますが、気配を悟られてしまっているのかも知れませんね。未熟者です。


IMG_9719.jpg

それにしても絶景です。その日の最高気温は29℃ちかくあったのですが、さすがに沢は肌寒く感じるくらい心地が良い。 

IMG_9711.jpg

ところどころで小雨が降りましたが、レインジャケットも持参してたので安心して釣り上がる。ザックでも担いで休憩を入れながらのんびり釣り上がれば良かったと後悔。

IMG_9724.jpg

その日の終点の堰堤まで到着。以前上から釣り下ってきて覗いたことはあるんですが、左岸側に高巻きしてそうな踏み跡がありましたね。この堰堤の上で川底の砂が緩くなっててズッポリ太ももまでハマった時はとっても焦りました。この釣りを始めたばかりの頃で、おっかなびっくり後ろを振り返りながらの釣りでしたから。

踏み跡を頼りに林道へ上がり20分くらいかけて車へ到着。
 

IMG_9721.jpg


その後は中流域へ行きミノーのテスト。動きはね、そこそこでしたけどどこかが納得いかない出来でした。その周辺を軽く叩いて納竿となりました。けっこう疲れてしまったというか糸が切れたというか。


IMG_9710.jpg


最終日も短時間でも出来ればと考えていたのですが、仕事の都合で行けず終いとなりました。

トラウト以外の釣りは基本的にやらないのでしばらくお休みですね。

とりあえず無事にシーズンを終える事が出来た事に感謝。それに一緒に一緒にどうしてくれた方々や現地でお会いした方々。そしてこのブログを見て下さった方々に感謝です。

なにより自分の釣った魚達に感謝ですね。去年とはまた違った釣りが出来たと思います。

関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。