なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リベンジ失敗  


IMG_9638.jpg


前回上げそこなったヤツにリベンジに行ったけど反応無しでした。

そもそも一度針を咥えた個体は食ってくるんでしょうか?エサを食わないと死んでしまうんで何かしらは食うんでしょうけどね。

タイミング的にはちょっと早いと思たんですが、行けるチャンスがたまたまその日だったんで。

色々調べていたらバスなら掛けられても何度も食ってくるなんて記事もあったんですけどね。

それより調べていたら魚体への影響ということで、なるべく手で触らないとか砂を魚体に付けないとかというブログに行きつきました。

自分も魚体を触ってますが、最初に教えられたとおり手を十分冷やしてから。有名メーカーの社長さんでも魚の持ち方なんてのを教えてる人もいるけど、それでもなるべく触らない方がいいんでしょうね。

触るより砂まみれにする方が魚にとってはキツイらしいですね。人間が石焼きの上に乗せられてるのと同じようなものって表現がリアルで妙に説得力がありました。

ちょっと考えさせられる日でした。

関連記事

category: 白石川・蔵王水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

コメント

リベンジならず・・・残念でしたね。

私も魚はできるだけ持たないようにしています。
やはり「魚はやけどをするのと同じ」と教わりました。
できるだけプライヤーだけでハリを外すようにしています。
リリースのときだけは仕方ないかな・・・

釣った魚を撮影するときも、水につけたままです。
岩の上とか砂の上では弱ってしまいますし、見た目もよくないですから。

自分も石焼の上には乗せられたくないですね(笑)

freetime #65fpICiI | URL
2013/09/17 20:26 | edit

> freetime さん、
こんばんは。

いつもコメント有難うございます。

やっぱりそうですよね。そういえばfreetime さんの画像は水についた写真ばかりだな~なんて思ってました。

手で触れるのは最低限度にとどめておきたいですね。


hetareoyaji #- | URL
2013/09/17 21:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hetareoyaji444.blog109.fc2.com/tb.php/122-0e7f357f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。