なかなか釣れないトラウト日記 

宮城県仙台在住の釣りを始めたばかりのトラウト釣り日記。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ボウズ。そして熊との遭遇  

その日は行動予定は名取川本流の調査、そしてダメなら本砂金ってパターン。


13417nt_05.jpg


名取川へ入る時にプチお花見をしようという自分くらいの年齢のカップルとはちあわせ。ミャク釣り主体という彼の助言をもとに入渓するも水温が低いのか場所が悪いのか反応は全くなし。
ただしここもナメが続く地点もあるのでポイントは限れれてくるかもしれません。

その後二口方面で小一時間ほどやってみたのですが、ここも反応なしでした。


13417nt_02.jpg


そして本命の本砂金。入ってすぐの砂地で新しい足跡あり。駐車スペースには車がなかったので午前中に入ったって事でしょう。


13417nt_07.jpg


ボウズという結果を考えると、ここまで小さい流れでは先行者がいると厳しいってことなんでしょうか。
水量も前回よりも少なくなっているのが分かります。



13417nt_06.jpg


このままじゃ帰れないと思い、ちょっと下の入渓点から再度チャレンジしようと車で移動しようと数十メートル走らせた時でした。

その川に流れる小さな沢にさしかかった時です。車から10mほど先に動く黒い物体を発見。車の音に気付き逃げようとその沢を上がろうとする後ろ姿が見えました。

えっ!!!思いブレーキを踏んだまましばし呆然。停車してあった車の場所からは多く見積もっても50mほど。

林道ということと、入渓時にはバイクのオフローダーが行ったり来たりしてたのでそれなり人の気配はあったハズ。

登山や釣行から戻る際も、もうすぐ車だからといい安心するのは危険なのかもしれませんね。

出合いがしらでもない限り、襲ってくる確率は低いかも知れませんが、注意が必要と改めて実感させられました。

一応ですが、鉈は持ち歩いてはいるんですけどね。車じゃなく歩いてる最中にで出会ったとしたら平静でいられないと思います、普通ならね。
関連記事

category: 広瀬名取水系

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

コメント

間一髪でヤバかったですね!
私も澄川と北川で奴らを見ました。
お互いに単独釣行の際には気をつけましょう!
熊鈴とカウンターアソルトは必携です。

晴釣雨読 #- | URL
2013/04/18 21:29 | edit

Re: タイトルなし

晴釣雨読さん、こんにちわ!
鈴、笛、鉈が3種の神器でスプレーは持ってないんですよね~。
ほぼ単独なんで装備を考え直す必要があるかもって感じです。
ちなみにご自宅の前は釣り可能なんですかね。

hetareoyaji #- | URL
2013/04/19 08:12 | edit

自宅前は釣りokです。でも、ウグイしか釣ったことがありません。でも、鮭や桜鱒は遡上してます。ちなみに鮎の好ポイントでもあります。

晴釣雨読 #- | URL
2013/04/19 12:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hetareoyaji444.blog109.fc2.com/tb.php/86-9ae554b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

アルバム

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

最新トラックバック

ランキング

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。